実は知らない!葬儀の会食で避ける話題とマナー

葬儀の会食は「お通夜の最中に振る舞われる食事」や「火葬中に食べる料理」のことを示します。

ただご飯を食べるわけではなく、ちゃんとしたマナーがあるのはご存知ですか?

今回は誰も教えてくれない会食におけるマナーを紹介します。

○会食で避けるべき話題

・死因に関する話題

死と直結する話題は避けましょう。

マナー以前に人としての常識を疑われてしまいます。

・故人と関係ない話

故人を避けるあまり、全く関係のない話をするのもNGです。

会食では故人との思い出、生前の話などをしましょう。

・故人の悪口

亡くなっていなくても、大切な人の悪口は聞きたくないものです。

故人の話題だとしても、話して良いことと話してはいけないことの区別はつけましょう。

・変な慰めの言葉

例えば、遺族が故人の介護をしていたとして「これでちょっとは楽になるね!」等の変な慰めはやめましょう。

いくら大変な思いをしていたとしても、大切な人の死は悲しいものです。

上記4点の話題は避けるようにしてください。

※記事ピックアップ→「死亡」はダメ! お葬式で使ってはいけない「忌み言葉」「重ね言葉」 | オトナンサー

○会食のマナー

・さわぐ、走り回る

特に小さい子どもがやりがちなマナー違反です。

いくら子どもとは言え、許されない行為です。

遺族や他の参列者は注意しにくいので、親がしっかり見張り注意するようにしましょう。

・料理を食べない

遺族への配慮・遠慮のしすぎで料理を食べないのはマナー違反です。

会食は故人との思い出話に花を咲かせる場です。

楽しく会話しながら食事をしましょう。

・料理を持って帰る

人としての品性・常識を疑われるマナー違反です。

私が参列した葬儀にも、タッパーを持参して会食で出た肉やお寿司などを持って帰る方がいました。

遺族でも注意しにくいため「許されている」と勘違いされる方がいますが、重大なマナー違反です。

○マナーを守って、料理を食べよう

葬儀では会食に限らず注意すべきことがたくさんあります。

気疲れしてしまうかもしれませんが、参列者以上に遺族の方が悲しみ、疲労を感じていることを忘れてはいけません。

遺族や故人を悲しませないために、楽しくマナーを守って食事をしましょう。