意外と知らない!?焼香のやり方2パターン

葬儀の作法は学校でも教えてくれるところは少なく、家族に教えて貰うかネットで調べるしかありません。

中でも、焼香のやり方を知らない方は結構います。

≪関連ニュース≫https://toyokeizai.net/articles/-/306196

自己流でやってはいませんか?もしかしたら、あなたが今までやっていた方法は間違っているかもしれません。

数珠を持っている場合と持っていない場合の2パターンをご紹介します。

○数珠を持っている場合

1.遺族や僧侶等に向かって一礼。

2.数珠は左手で持つ。

小指から人差し指の4本にかけ、落ちないように親指で押さえる。

3.右手の親指から中指までの3本で抹香を行う。

この時、つまむように行う。

4.合掌。

数珠は両手の人差し指から小指までの4本にかける。

5.故人に向かって一礼

6.遺族や僧侶等に向かって一礼

宗教によっては2回、3回と繰り返す場合もあります。

数珠が長い場合は二重にして使います。

○数珠を持っていない場合

「家に忘れてしまった」「子どもだから持っていない」等の理由があり、数珠がない可能性もありますよね。

数珠がなくても、焼香のやり方は変わりません。

数珠がないだけですので、特別な作法等はありません。

学生のうちは数珠を持っている方が珍しいので、大人になったら自分で購入するようにしましょう。

すでに数珠を持っている方は忘れないように、法事へ行く際の持ち物と一緒にまとめておくと良いです。

○正しい作法を身につけて

焼香以外にも知られていない作法があります。

法事等でよく見ると、「あの人他の人と違う動きをしているな」という方がいます。

変に目立ってしまうため、葬儀における作法はしっかり身につけておきましょう。